コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオキシアセトン dihydroxyacetone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジオキシアセトン
dihydroxyacetone

アセトンの二水酸基置換体。ジヒドロキシアセトンともいう。化学式 (CH2OH)2CO 。無色の結晶。構造上から糖類に属する。融点 75~80℃。グリセリンを細菌によって酸化して得られる。アセトン,メチルアルコール,エチルアルコールに易溶。ほとんど発酵しない。ジオキシアセトンのリン酸エステルは炭水化物代謝での重要な中間体として生体内に微量存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジオキシアセトンの関連キーワードグリセロリン酸アルドラーゼ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android