ジギスムント[ブルグンド](英語表記)Sigismund of Burgundy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジギスムント[ブルグンド]
Sigismund of Burgundy

[生]?
[没]524
ゲルマン混成部族のブルグンド王 (在位 516~524) 。グンドバドの子。アリウス派信徒のブルグンド人と正統のアタナシウス派キリスト教徒の先住民の対立を融和させるため,みずからアタナシウス派に改宗した。領土をめぐって東ゴートと争っている間にフランク軍の侵入を受け,クロービス (1世) の子クロドメルに捕えられ殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android