コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンドバド Gundobad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グンドバド
Gundobad

[生]474
[没]516
ブルグンド王 (在位 473~516) 。ゴンディオクの次男。初め兄弟3人でブルグンドを分治。 491年兄弟を殺してビエンヌを都とし単独支配。アタナシウス派とアリウス派を和解させようとして失敗。 500年フランク王クロービス1世に敗れ属国となる。のち彼と同盟。姪のクロティルダクロービスの妻とした。『ブルグンド法典』 Lex Gundobadaを編纂。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グンドバドの関連キーワードジギスムント[ブルグンド]ブルグンド王国グリュケリウスビエンヌ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android