ジナイーダ セレブリャコワ(英語表記)Zinaida Evgen’evna Serebryakova

20世紀西洋人名事典の解説

ジナイーダ セレブリャコワ
Zinaida Evgen’evna Serebryakova


1884.11.30.(12.12.説あり) - 1967.9.19
ソ連の画家
ロシア出身。
彫刻家ランセレの娘で、モスクワとパリで絵を学び、1924年来パリに住む。写実主義を貫いた画家で「浴場にて」(’13年レニングラード、ロシア美術館)、「テラスのカーチャ」(’30年、モスクワ、トレチャコフ美術館)等の作品があり、晩年は故国でも個展が開催され、死後画集も編纂される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android