コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャロー Jarrow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャロー
Jarrow

イギリスイングランド北東部,タイン・ウィア地域東部,サウスタインサイド地区の町。ニューカッスルアポンタインの東約 10km,タイン川河口の三角江(エスチュアリー)の南岸にある港町で,船舶修理,機械などの工業がある。1967年対岸との間に自動車用河底トンネルが開通した。7世紀末から 8世紀にかけて活躍した神学者ビード(尊師ベーダ)が住んでいた修道院(685献堂)の遺跡がある。人口 2万7526(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャローの関連キーワードベーダ(歴史家、神学者)ポール ジャクソンティルディジャノビー千手観音

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャローの関連情報