ジャンブル(英語表記)Dzhambul

デジタル大辞泉 「ジャンブル」の意味・読み・例文・類語

ジャンブル(jumble)

《ごちゃ混ぜの意》ワゴンなどを使い、廉価品を山積みにする販売方法。「ジャンブル陳列」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ジャンブル」の意味・わかりやすい解説

ジャンブル
Dzhambul

中央アジア,カザフスタン共和国南東部,同名州の州都。人口32万8000(2004)。1936年までアウリエ・アタ,36-38年ミルゾヤンとよばれた。タラス川沿い,トルク・シブ鉄道(トルキスタンシベリア)分岐点。5世紀以来タラスの名で知られていたが,13世紀チンギス・ハーンに破壊された。18世紀コーカンド・ハーン国はアウリエ・アタ城塞を建設したが,1864年ロシア軍に占領されて以後家畜羊毛,獣脂等の交易地となる。製糖コンビナート,肥料工場等がある。11~12世紀の水道,浴場マウソレウム(廟)等が残る。1938年カザフの詩人ジャンブル・ジャバエフ(1846-1945)の名を市名とした。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ジャンブル」の意味・わかりやすい解説

ジャンブル
じゃんぶる
Джамбул/Dzhambul

中央アジア、カザフスタン共和国ジャンブル州の州都タラスの旧称。1938~1991年まで用いられた。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android