ジャン・カルロ メノッティ(英語表記)Gian Carlo Menotti

20世紀西洋人名事典の解説

ジャン・カルロ メノッティ
Gian Carlo Menotti


1911.7.7 -
米国の作曲家。
イタリア出身。
ミラノ音楽院で学び、1928年渡米、カーティス音楽院でサミュエル・バーバーと親交を結び’33年卒業、後アメリカで作曲活動を続け、小規模オペラ、一幕オペラを中心に作曲、イタリア的音楽性とアメリカ的感覚を結び付けた「アメリカ舞踏会へ行く」(’37年)、「霊媒」(’46年)、ピュリッツア賞受賞の「電話」(’47年)、「領事」(’50年)等の作品が有る。’51年「アマールと夜の訪問者」でテレビ・オペラのジャンルを開拓、’58年イタリアのスポレトに「二つの世界のフェスティバル」を創設。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android