ジャン・ポール モーニック(英語表記)Jean-Paul Maunick

現代外国人名録2016の解説

ジャン・ポール モーニック
Jean-Paul Maunick

職業・肩書
ミュージシャン,音楽プロデューサー

国籍
英国

生年月日
1957年2月19日

出身地
モーリシャス

別名
通称=ブルーイ〈Bluey〉

グループ名
グループ名=インコグニート〈Incognito〉

経歴
インド洋に浮かぶ島国モーリシャスに生まれ、8歳で英国に渡る。1970年代後半にライト・オブ・ザ・ワールドで活動後、’80年ジャズバンドのインコグニートを結成。ギターやボーカルを務める他、MCや楽曲の大半も手がける。’81年インディペンデント・レーベルからリリースしたデビューアルバム「ジャズ・ファンク」が全英アルバムチャート28位にランクインし、注目を浴びる。その後、一旦は活動を休止するが、’91年アシッド系レーベルのトーキングラウドと契約ののちジャイルス・ピーターソンの支援を受けて制作した「インサイド・ライフ」で活動を再開。ジャズ・ファンク・ムーブメントの勃興に乗じ、「トライブス、ヴァイブス+スクライブス」(’92年)がヒット。ロンドンの腕利きセッションマンによる高度な演奏やアンサンブル、ソウルフルな歌などが人気を呼び、’93年ニューヨークでのクラブ公演を成功させ、世界的な名声を獲得した。’96年ダンスフロア向けに代表曲を編集した「リミックス」を発表。また、同年の来日公演の模様を収録した「トーキョー・ライヴ1996」を日本でのみリリース。2001年を最後に長年所属したトーキングラウドを離れ、2003年日本ではポニーキャニオンと契約して「フー・ニーズ・ラヴ」を発表。2004年ジョージ・デュークをプロデューサーに招き、結成25周年の記念として「アドヴェンチャー・イン・ブラック・サンシャイン」を制作した。2009年結成30周年を迎えて大々的なイベントを行い、日本では同年12月にブルーノート東京で年越しライブを敢行。2011年3月には直前に東日本大震災が起こったにもかかわらず、周囲の反対を押し切って来日公演を決行した。プロデューサーとしても活躍し、ジョージ・ベンソン、ドナルド・バード、マキシ・プリースト、クレモンティーヌらの楽曲を手がける。他のアルバムに「ポジティヴィティ」「ノー・タイム・ライク・ザ・フューチャー」「ライフ・ストレンジャー・ザンフィクション」「トランスアトランティック・RPM」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android