コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャーヒリーヤ時代 ジャーヒリーヤじだい

大辞林 第三版の解説

ジャーヒリーヤじだい【ジャーヒリーヤ時代】

〔jāhilīya はアラビア語で無知の意〕
イスラム以前の時代。特に五世紀から七世紀初頭のアラビア半島についていう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャーヒリーヤ時代
じゃーひりーやじだい

イスラム歴史学の立場で、イスラム以前の時代をさす。ジャーヒリーヤjhilyaとはアラビア語で「無知」を意味し、いまだイスラムを知らない状態をさすことばである。イスラム以前の全人類の歴史がこの時代に含まれ、イスラムの歴史書は、アダムに始まり、中国、インド、ローマなどの歴史にも触れるのが一般である。しかし、今日的な用語としては、5、6世紀と7世紀初頭のアラビアの歴史をさす場合が多い。
 この時代のアラビアは、遊牧民の価値観が支配的であり、遊牧民的生活様式が至上のものと考えられていた。人々は、国家や王などの支配には服さず、自立的な血縁集団の枠組みのなかで自由に生きるのが理想であった。この時代はまたアラビア語の詩が急激に発展した時代で、多くの詩人がその理想像を詩で歌った。宗教的には、巨木や岩に神性を認める多神教の世界であった。[後藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジャーヒリーヤ時代の言及

【アラブ】より

…イスラム時代の初期のアラブ諸部族の分布を見ると,南アラブが南アラビアと,シリア砂漠を包む半島の北部に住み,その中間に北アラブが住んでいた。この南・北アラブの分布がほぼ固定化した5世紀の後半から,ムハンマドの活躍までのほぼ1世紀半が,歴史学の用語としてのジャーヒリーヤ時代であり,それは文学史の立場からは,アラブの英雄時代ともよばれる。この時代にアラビア半島全体で遊牧生活が支配的となり,遊牧民の価値観が定住民のそれを圧倒した。…

※「ジャーヒリーヤ時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャーヒリーヤ時代の関連キーワードジュルジー・ザイダーンイムルー・アルカイスターハー・フサインアラビア文学アンタル物語アラビア半島イスラム教アラビア語クッターブフトゥッワアラブ文学サジュウマクタブハレムスンナアダブ後藤

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android