至上(読み)しじょう

精選版 日本国語大辞典「至上」の解説

し‐じょう ‥ジャウ【至上】

〘名〙
① (形動) 程度がこの上もないこと。また、そのさま。最善。最上
花道(1420)皮、肉、骨の事「ことごとく極めて、すでに至上(シじゃう)にて」
(1937)〈金子光晴〉鮫「至上の名誉として、人々から尊敬されてくらす」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「を導く至上の指が鮮やかに見へるではないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至上」の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【至上】

[名・形動]この上もないこと。また、そのさま。最上。最高。「至上の栄光」
も度胸が人間―な能力であるかの如き言草いいぐさである」〈漱石それから
[類語]絶対一番最上級一等一級無上至高最高最上最良最善随一ぴか一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android