至上(読み)しじょう

精選版 日本国語大辞典「至上」の解説

し‐じょう ‥ジャウ【至上】

〘名〙
① (形動) 程度がこの上もないこと。また、そのさま。最善。最上
※至花道(1420)皮、肉、骨の事「ことごとく極めて、すでに至上(シじゃう)にて」
(1937)〈金子光晴〉鮫「至上の名誉として、人々から尊敬されてくらす」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「を導く至上の指が鮮やかに見へるではないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至上」の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【至上】

[名・形動]この上もないこと。また、そのさま。最上。最高。「至上の栄光」
も度胸が人間―な能力であるかの如き言草(いいぐさ)である」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android