コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血縁集団 ケツエンシュウダン

デジタル大辞泉の解説

けつえん‐しゅうだん〔‐シフダン〕【血縁集団】

血縁関係に基づいて成立している社会集団。族・氏族などがその代表。広義には姻族をも含めることもある。血縁団体。→地縁集団

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

血縁集団【けつえんしゅうだん】

出自によってつながる一定の血族により,一定の機能をもって構成された集団。地縁集団の対。必ずしも生物学的な血縁の事実を要せず,〈血縁意識〉に基づく親和・接近により成立する。
→関連項目交換婚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けつえんしゅうだん【血縁集団】

血縁関係によって結合している社会集団。血族だけでなく婚姻による姻族も含むこともある。 → 地縁集団

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血縁集団
けつえんしゅうだん
kin group

血縁関係は、居住関係に基づく地縁と並んで、集団構成の重要な原理の一つである。ある集団への所属が血縁関係に基づいて個人に帰属するといった場合がそれで、このようにして構成される集団を血縁集団、または親族集団とよぶことがある。血縁集団のうち、特定の祖先を共有する形で成立しているものを出自集団descent groupという。血縁は親子関係の連続としてたどることができるが、特定の共有祖先との関係設定において、親子関係のうち、父方または母方の、いずれか一方の性の親だけを用いる様式があり、これに基づいて構成される集団を、単系出自集団unilineal descent groupという。父系出自集団は始祖から、父方つまり男だけを介して関係がたどれる人々からなり、母系出自集団は逆に女性だけを通じてたどれる人々からなる。このように性を一方だけに限定しないものは、一括して共系出自集団cognatic descent groupとよぶ。血縁集団には、このように特定の祖先との関係で織される出自集団のほかに、自己を中心に同心円状に広がり、しばしば明確な境界を欠いたキンドレッドとよばれる形をとるものもある。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

血縁集団の関連キーワードトーマス・C. スミスジャーヒリーヤ時代ジャーヒリーヤトーテミズムボド(民族)アラウカノ奴隷制社会ザドルーガ基礎的集団伝統志向型トリンギト祭祀組織イドマ族シャイフバンバラ母系社会パラオ族トーテムフールエウェ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血縁集団の関連情報