コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウニヒトエ(十二単) ジュウニヒトエAjuga nipponensis

1件 の用語解説(ジュウニヒトエ(十二単)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュウニヒトエ(十二単)
ジュウニヒトエ
Ajuga nipponensis

シソ科の多年草。本州,四国の丘陵の草地に生える。全体に多細胞のちぢれた白い毛を密生する。茎は直立し,高さ 20cm内外となり,基部には鱗片状の2,3対の葉を対生する。茎の下部からなかほどにかけて,さらに3対ほどの葉を対生し,長さ3~5cmの倒披針形で,白色がかった緑色,葉柄にひれがある。4~5月頃,茎の先端に長さ 5cm前後の花穂をつけ,淡紫色の小さい唇形花を多数密につける。上唇は小さく卵形で,下唇は3裂する。和名は花が重なり合って咲く姿を昔の女官が着た十二単に見立てたものという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone