コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウニヒトエ(十二単) ジュウニヒトエAjuga nipponensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュウニヒトエ(十二単)
ジュウニヒトエ
Ajuga nipponensis

シソ科の多年草。本州,四国の丘陵草地に生える。全体に多細胞のちぢれた白い毛を密生する。は直立し,高さ 20cm内外となり,基部には鱗片状の2,3対の葉を対生する。茎の下部からなかほどにかけて,さらに3対ほどの葉を対生し,長さ3~5cmの倒披針形で,白色がかった緑色,葉柄ひれがある。4~5月頃,茎の先端に長さ 5cm前後の花穂をつけ,淡紫色の小さい唇形花を多数密につける。上唇は小さく卵形で,下唇は3裂する。和名は花が重なり合って咲く姿を昔の女官が着た十二単に見立てたものという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android