ジュール効果(英語表記)Joule's effect

法則の辞典の解説

ジュール効果【Joule's effect】

(1) 強磁性体に外部磁場を加えて磁化すると,磁場の方向に歪みを生じる.これを「ジュール効果」,または,磁歪効果*という.「磁気ひずみ効果」と記してある辞典類もあるが,同じ現象を指している.長さの変化は大きなものではなく,割合にして10-5~10-6 程度であるが,超音波発振器などの素子として利用されている.

(2) 抵抗を流れる電流によって熱を発生する現象.これは通常は,ジュールの法則*と呼んでいる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android