ジョセフ コーラー(英語表記)Josef Kohler

20世紀西洋人名事典の解説


1849 - 1919
ドイツの民族法学者。
ベルリン大学教授。
フライブルグ大学、ハイデルベルグ大学で法律学を修め、1873年学位を得る。ウェルツブルグ大学教授、ベルリン大学教授を歴任する。「何でも屋のコーラー」(Aller Kohler)と評された。彼の法哲学的課題は、未開民族から文明民族にいたる文化の発展にともなって法制度も発展したと考え、その法制度の発展の原理究明である。主著に、「ドイツ特許法提要」「著作権および出版権」「法の一般的歴史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android