コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出版権 しゅっぱんけん publication right

5件 の用語解説(出版権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出版権
しゅっぱんけん
publication right

著作権法によって,著作権者がその専有する著作物を複製する権利に基づいて,その著作物を文書または図画として出版することを引受ける者に設定する準物権的権利。設定行為で定めることによってその著作物を原作のまま印刷その他の機械的または化学的方法で複製することができる独占権で,出版権登録原簿に登録しなければ第三者に対抗できない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅっぱん‐けん【出版権】

ある著作物を出版できる独占的、排他的権利。
著作権法で、出版者が著作権者から設定を受け、著作物を独占的に複製し発売・頒布することができる排他的権利。
[補説]平成26年(2014)の著作権法改正に伴い出版権の範囲が拡大され、紙の出版物に加えて電子書籍も出版権の対象に含められた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

出版権【しゅっぱんけん】

普通二つの意味に用いられる。一つは著作権者のもつ権能として,自ら出版し,または他の者に出版させる権利。もう一つは出版者が著作権者との契約によってその著作物を独占的・排他的に印刷刊行できる権利(設定出版権とも)(著作権法第80条)。
→関連項目海賊版

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しゅっぱんけん【出版権】

著作権の権能の一つで、ある著作物を印刷・刊行できる独占的・排他的権利。
著作権者が設定行為によって出版権者に付与する権利で、著作物を原作のまま複製し発売・頒布する独占権。出版権者には第三者に複製を許諾する権利はない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出版権
しゅっぱんけん
Verlagsrechtドイツ語

出版権設定契約によって出版者の取得する権利をいう。出版権は、出版者に対し契約によって定められた範囲内で出版の目的のために著作物の直接的支配を許す権利であるから、準物権的権利であり、著作権者は出版権者による著作物の利用(出版の目的でかつ設定行為で定められた範囲内に限られる)を認容しなければならない義務を負うものである。出版権は、著作物を原作のまま印刷その他の機械的または化学的方法により文書または図画として複製・頒布する専有権を内容とする(著作権法80条1項)。原作のままとは、著作物をそのまま再現複製することをいい、したがって著作物の内容を変更することは許されない。出版権を取得した出版者は自ら複製・頒布をなすことが必要である。したがって第三者に対しその出版権の目的である著作物の複製を許諾する権限を有しない(同条3項)。また出版権の存続期間については、設定行為において任意に定めることができるが、その定めがないときは、設定後最初の出版のあった日から3年間存続する。なお、出版権の取得を第三者に対抗するためには、文化庁において出版権の登録を経由しなければならない。[半田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の出版権の言及

【出版契約】より

…書籍以外の新聞・雑誌等への寄稿契約,出版者が複製・頒布義務を負わなくてよい著作権譲渡契約,委託出版契約などは,出版を対象とする契約であっても出版契約には含めない。 出版契約は出版者が取得する権利の種類によって,単純許諾契約,排他的許諾契約,出版権設定契約に分けられる。単純許諾契約では,出版者は契約に定める条件の範囲において著作物を複製し頒布する権利を取得するが,その権利は独占的なものでなく,著作権者は同様な権利を第三者にも与えることができる。…

※「出版権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出版権の関連キーワードきときときらびやか此の世ならず城外すわチェリー著・猪・緒・著・貯ひりひりふつと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出版権の関連情報