ジョセフ ワイズマン(英語表記)Joseph Wiseman

20世紀西洋人名事典「ジョセフ ワイズマン」の解説

ジョセフ ワイズマン
Joseph Wiseman


1918.5.15 -
カナダ俳優
モントリオール生まれ。
1936年ニューヨークで初舞台を踏み、’38年ブロードウェイ・デビューを果たす。以後数多くの名演を披露し、「探偵物語」では精神異常者に扮し、評価される。’51年の映画版でも同じ役を演じる。’63年「007は殺しの番号」でドクター・ノオを演じ、観客の印象に残る。TVMでは「QBセブン」(’74年)、「の砦マサダ」(’79年)などに出演。他に「バラキ」(’72年)、「スペース・レイダース」(’79年)などの映画に出演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android