ジョゼフ アッカン(英語表記)Joseph Hackin

20世紀西洋人名事典の解説

ジョゼフ アッカン
Joseph Hackin


1886 - 1941.2.24
フランスの東洋考古学者。
元・ギメ美術館長。
ルクセンブルク生まれ。
1913年ギメ美術館員となり、チベット、インドの仏教美術関係の論文を出す。’23年館長となる。’24年からフランス考古学派遣団隊長としてアフガニスタンの調査、発掘をする。バーミヤーンベグラームの研究報告が有名である。’30年からフランス学長として東京日仏会館に招かれ、日仏学術交流を組織化する。第二次大戦中、乗船が撃沈され戦死。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android