ジョニー コールズ(英語表記)Johnny Coles

20世紀西洋人名事典「ジョニー コールズ」の解説

ジョニー コールズ
Johnny Coles


1926.7.3 -
演奏家。
トレントン(ニュージャージー州)生まれ。
別名John Coles。
エディ・ビンソンやアール・ボスティックなどのR&B系バンドで活動し、1956年ジェームス・ムーディと共演し、それを契機にギル・エバンス楽団に参加する。その後、チャールス・ミンガスやレイ・チャールズデューク・エリントンなどのバンドで活動し、’85年以降はカウント・ベイシー楽団で活動する。マイルス・デイビスなどの流れを汲むウォームサウンド名手である。代表作に「リトル・ジョニーC」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android