ジンガサゴケ(英語表記)Reboulia hemisphaerica (L.) Raddi

世界大百科事典 第2版の解説

ジンガサゴケ【Reboulia hemisphaerica (L.) Raddi】

ジンガサゴケ科の苔類。世界に広く分布し,日本では人家の周辺から山地までかなり普通に産し,石垣上,岩上,地上に群生する。植物体は葉状叉状(さじよう)に分岐し,長さ2~4cm,幅5~7mm,革質で背面は淡緑色,腹面は紅紫色~黒紫色,乾くと辺縁がめくれる。雌雄同株。雌器托の柄は長さ3~5cm,頭部は陣笠状でふつう4裂し,各裂片の下に包膜に包まれた1個の胞子体を生じる。雄器托は無柄,円形でいぼ状,多数の造精器を内蔵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android