コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンドウイカ

2件 の用語解説(ジンドウイカの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ジンドウイカ

 [Loliolus japonica].胴長約10cmの食用のイカ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンドウイカ
じんどういか / 陣胴烏賊
[学]Loligo japonica

軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。外套(がいとう)長10センチメートル、ひれは菱(ひし)形で外套長の半分ぐらいに達する。目は閉眼型。腕吸盤は大きく、大吸盤の角質環には約12~20枚の半月形の歯がある。触腕吸盤の角質環には約25個の鋭い歯がある。雄の左腹腕が交接腕で、先端の半分ほどに吸盤を欠く。発光器はもたない。北海道南部以南の日本全国および韓国に分布し、かなり内湾的環境にも耐える。春先に沿岸の海藻や海底に、数十個の卵が入った、寒天質で指状の卵嚢(らんのう)の束を産む。定置網などに多量に入り、コイカやヒイカの名で市場に出る。近似種にヒメジンドウイカL. sumatrensisやウイジンドウイカL. uyiiなどがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジンドウイカの関連キーワードウナギシロギスシジミジャポニカ米アオカマスジネンジョヒシの実ビワミズナヤマノイモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone