スイツキコウモリ(吸付蝙蝠)(読み)スイツキコウモリ(英語表記)disc‐winged bat

世界大百科事典 第2版の解説

スイツキコウモリ【スイツキコウモリ(吸付蝙蝠) disc‐winged bat】

前・後足に吸盤がある虫食性コウモリの総称。翼手目スイツキコウモリ科Thyropteridaeに属する哺乳類。ホンジュラススイツキコウモリThyroptera disciferaとスピックススイツキコウモリT.tricolorの2種がある。新世界特産で,メキシコ南部からブラジル東部までとトリニダード島に分布し,熱帯雨林に生息する。前腕長2.5~4.0cm,頭胴長3.5~5.2cm,尾長2.5~3.3cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android