スウォンジー城(読み)スウォンジージョウ

デジタル大辞泉の解説

スウォンジー‐じょう〔‐ジヤウ〕【スウォンジー城】

Swansea Castle》英国ウェールズ南部の都市スウォンジーにある城跡。12世紀にノルマン人貴族ヘンリー=ド=ボーモントが建造した後、次々と城主が替わり、ピューリタン革命のイングランド内戦で大きな被害を受けた。18世紀から19世紀にかけては市場や市庁舎、牢獄としても使われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android