スカリジェロ橋(読み)スカリジェロバシ

デジタル大辞泉の解説

スカリジェロ‐ばし【スカリジェロ橋】

Ponte Scaligero》イタリア北東部、ベネト州の都市ベローナの市街を流れるアディジェ川に架かる橋。14世紀、ベローナの領主スカラ家のカングランデ2世によりベッキオ城とともに建造された。第二次大戦でドイツ軍に破壊されたが、戦後に再建。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android