コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキャンライン法 すきゃんらいんほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャンライン法

3Dグラフィックスにおける陰面処理法のひとつで、画面の走査線(スキャンライン)単位で描画処理を行う。視点と1本の走査線の延長線上に走査面を作成し、その走査面と物体の交差から奥行きを算出して、物体を描画するもの。レイトレーシングと比べて高速処理が可能。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

スキャンライン法の関連キーワード3Dグラフィックス陰面消去