コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキャンライン法 すきゃんらいんほう

1件 の用語解説(スキャンライン法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャンライン法

3Dグラフィックスにおける陰面処理法のひとつで、画面の走査線(スキャンライン)単位で描画処理を行う。視点と1本の走査線の延長線上に走査面を作成し、その走査面と物体の交差から奥行きを算出して、物体を描画するもの。レイトレーシングと比べて高速処理が可能。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スキャンライン法の関連キーワードグラフィックスワークステーション3Dグラフィックス3Dグラフィックスアクセラレーターポートフォリオ・グラフィックスインフォグラフィックス隠面処理グラフィックペン三次元グラフィックスCDグラフィックスラスターグラフィックス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone