スクリボニウス(英語表記)Scribonius Libo, Lucius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクリボニウス
Scribonius Libo, Lucius

[生]?
[没]前21以後
古代ローマの政治家。セクスツス・ポンペイウスの義父。ポンペイウス (大ポンペイウス) を支持したが,ユリウス・カエサル,オクタウィアヌス (アウグスツス) とも和を結ぶ。のちにはポンペイウスを離れアントニウス派にまわる。前 34年執政官 (コンスル ) 。

スクリボニウス
Scribonius Libo Drusus,Marcus

[生]?
[没]16
古代ローマの政治家。ポンペイウス (大ポンペイウス) の子孫。 16年チベリウス帝への反逆罪で裁かれ,裁判中に自殺したが,タキツスは彼が無実であったとしている。

スクリボニウス
Scribonius Largus

[生]1頃
[没]50
古代ローマの医者。 43年には皇帝クラウディウス1世の秘書としてブリタニア遠征に参加,G.カリスツスの庇護を受け,その著『処方』 Compositionesを彼に献呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android