コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スク族 スクぞくSuku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スク族
スクぞく
Suku

コンゴ民主共和国南西部の住民。ニジェール=コンゴ語派の言語を話す。女性は主作物としてキャッサバを栽培し,男性は狩猟を仕事とする。基本的な社会単位は母系リニージから成るが,息子は父の家の近くに住む。伝統的政治組織は,王から地方首長,地区首長へと権利を委任していく体系をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone