コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコシヤン洞窟 スコシヤンどうくつSkocyan Caves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコシヤン洞窟
スコシヤンどうくつ
Skocyan Caves

スロベニアの南西部,クラス地方にある洞窟群。スロベニアは国土の約半分が石灰岩からなり,6000以上の鍾乳洞がある。石灰岩台地であるクラス地方はカルスト地形の語源ともなった。長さ 5km,幅 230mにわたる洞窟は古生代石炭紀に起源をもち,ダンテが『神曲』の「地獄の門」の描写の着想を得た場所とも伝えられる。スネジニク山の雪どけ水を集めたレカ川が洞窟内の深さ 130m地点を流れ,イタリアのモンファルコーネで地上に現れる。洞窟内には地底湖 (ドリーネ) や滝,古くは 10万年前のものといわれる鍾乳石群,「ルドルフ大聖堂」と名づけられた石灰段丘,巨大な石筍が広がる「大広間」,地質学的には最古の「沈黙の洞窟」などがあってライトアップされている。洞窟内ではまた希少種コウモリの生息も確認されている。 1988年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android