スコット ボラス(英語表記)Scott Boras

現代外国人名録2012の解説

スコット ボラス
Scott Boras


国籍
米国

専門
スポーツ代理人

生年月日
1952/11/2

出生地
米国 カリフォルニア州

学歴
パシフィック大学〔1982年〕卒

経歴
大リーグのカージナルス、カブスのマイナーでプレーし、1978年に現役を引退。その後法律を学び、’83年から代理人として活動。大リーグのバリー・ボンズ、イバン・ロドリゲスらスター選手の契約を数多く手掛け、2000年にはアレックス・ロドリゲスとレンジャーズの間で10年総額2億5200万ドルの史上最高額の契約を実現させるなど、卓越した交渉術で次々と大型契約をまとめ上げる。2006年西武の松坂大輔投手の代理人となり、レッドソックスと6年総額5200万ドル(当時約61億円)の巨額契約を成功させた。“最強代理人”の異名をとるが、巨額の契約金を吸い取るさまから、オーナー側からは“吸血鬼”と呼ばれる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android