コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコーラ 〈ラテン〉schola

デジタル大辞泉の解説

スコーラ(〈ラテン〉schola)

スコラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコーラ
すこーら
Ettore Scola
(1906―1977)

イタリアの映画監督。カンパーニャ州アべッリーノ県トレビコ生まれ。『マルカウレリオ』誌のユーモア作家を経て、ラジオの放送作家として活躍。1954年よりルッジェーロ・マッカリRuggero Maccari(1919―1989)と共同で40本以上の喜劇映画の脚本を手がけ、『もしお許し願えれば女について話しましょう』(1964)で監督に進出。イタリアの歴史や社会を、しばしば室内劇的な空間や特定の集団に集約させた諷刺(ふうし)的な喜劇を得意とする。4人のパルチザンが歩む戦後史を綴った『あんなに愛しあったのに』(1974)でモスクワ国際映画祭金賞、ローマ近郊のスラム街に暮らす一家をグロテスクに描いた『醜く、汚く、意地悪く』(1976)でカンヌ国際映画祭監督賞を獲得。ヒトラーのローマ訪問を背景に、平凡な主婦と同性愛者のつかのまの邂逅(かいこう)を追った『特別な一日』(1977)が代表作として知られる。[西村安弘]

資料 監督作品一覧(日本公開作)

もしお許し願えれば女について話しましょう Se permettete parliamo di donne(1964)
ジェラシー Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca(1970)
あんなに愛しあったのに C'eravamo tanto amati(1974)
醜く、汚く、意地悪く Brutti, sporchi e cattivi(1976)
特別な一日 Una giornata particolare(1977)
パッション・ダモーレ Passione d'amore(1981)
ヴァレンヌの夜 La nuit de Varennes(1982)
ル・バル Le bal(1984)
マカロニ Maccheroni(1985)
ラ・ファミリア La famiglia(1987)
スプレンドール Splendor(1989)
BAR(バール)に灯ともる頃 Che ora ?(1989)
星降る夜のリストランテ La cena(1998)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スコーラの関連キーワードJKim(金志賢)バーデン パウエルモスクワ国際映画祭マストロヤンニトロピカリズモイタリア映画スコーラー数ソディ

スコーラの関連情報