コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スシュルタ・サンヒター Suśruta‐saṃhitā

世界大百科事典 第2版の解説

スシュルタ・サンヒター【Suśruta‐saṃhitā】

インド二大古典医学書の一つ。書物としての成立は後3~4世紀であるが,その背景にある医学派の歴史はきわめて古く,前数世紀にまでさかのぼることができる。カーシー(現,ワーラーナシー)地方の王ダンバンタリDhanvantariが弟子のスシュルタに教えを授けるという構成になっているが,いずれも伝説的人物であり,歴史的年代を定めることはできない。もう一つの古典医学書《チャラカ・サンヒター》が徹底して内科的治療を説くのに対し,《スシュルタ・サンヒター》には外科的治療法が詳しく語られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスシュルタ・サンヒターの言及

【アラビア医学】より

…一方,インドの医書もサンスクリット語から直接に,または中世ペルシア語(パフラビー語)訳からアラビア語に訳出されたものがあった。たとえば《チャラカ・サンヒター》という医学全書は,ペルシア語訳からアラビア語に重訳されたし,400年ころのスシュルタの《スシュルタ・サンヒター》はインドの医者マンカによって,アッバース朝の初期にアラビア語に訳されたが,同じマンカは《シャーナークShānāqの毒物書》をも訳した。シャーナークはマウリヤ王朝のチャンドラグプタ王の大臣チャーナキヤ(カウティリヤ)のことで,前4世紀の人であったという。…

【医者】より

…医者になるための学問に入門を許されるのは原則として上位3カーストに限られていた。しかしダンバンタリ系の書物《スシュルタ・サンヒター》は条件付でシュードラの入門を認めている。バラモンを中心とするアーリヤ人社会では〈穢(けが)れ〉の観念のために外科的治療を行う医者の地位は内科専門の医者の地位よりも低かった。…

【インド医学】より

…この書の著者というより改編者であるチャラカはカニシカ王の宮廷医であったといわれる。これより少し遅れてダンバンタリ学派の唯一の綱要書《スシュルタ・サンヒター》が成立した。両書とも互いに相手の学派の存在は知っているが,書物自体に対する言及はない。…

【仏教医学】より

…医学的記事が最も多く見いだされるのは三蔵のうちの〈律蔵〉であり,出家者の日常生活の規定の一部として医事・薬事が詳しく語られている。これらは《チャラカ・サンヒター》や《スシュルタ・サンヒター》が成立する以前のインド医学を知るために貴重な資料となっている。また文化の伝導体としての仏教が,教典と教団を通じて,周辺諸国へ医学を普及させたという社会的役割も見のがすことはできない。…

※「スシュルタ・サンヒター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スシュルタ・サンヒターの関連キーワードインド科学インド医学チャラカ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android