スタック(読み)すたっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スタック

メモリー領域後入れ先出し(LIFO)方式でデータを操作する際に利用されるメモリー領域のこと。プロセッサーがプログラムを実行する際に、関数のアドレスなどのデータを一時的に格納しておくために用いる。スタックの操作は、データを入れるプッシュダウン命令とスタックからデータを取り出すポップアップ命令を用いて行い、これらの命令によって増減するデータの位置をスタックポインターと呼ばれるレジスターを利用して管理する。プッシュダウンスタックとも呼ぶ。後入れ先出しプロセッサーポインターファイルHyperCardで作成したハイパーテキスト構造をもつファイルのこと。スタックウェアとも呼ばれる。HyperCard

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スタック【stack】

コンピューターで処理中のデータを一時的に退避させること。また、そのための記憶領域やデータ構造。後に格納したデータを先に取り出す。 → 後入先出法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタック
stack

コンピュータの記憶装置の一種で,データの入出力が1ヵ所からしかできず,1つのデータを入れると,それまでに入れられたデータはその順に奥に押込められ,データを取出すと奥に押込められていたものが順に外に近いところに移されるという構造をもっている。したがって最後に入れたデータが最初に取出されることになる。この装置はプッシュダウン・ポップアップ記憶装置,last-in first-outメモリなどともいう。木構造 (→トリー ) の探索や数式の構造解析など多くの場合に必要となるものである。多くはソフトウエア的にこの機能をもたせるが,ハードウエアによってこの機能を実現したものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のスタックの言及

【データ構造】より

… リスト:上に示した単純なリストのほかに,前後両方向を指すポインターをもつものや,環状になったものがある。 スタック:列のうち,一方の端でだけ挿入・削除・参照などの操作が行えるもの。スタックは,配列でもリストでも実現できる。…

※「スタック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スタックの関連情報