コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スダッタ スダッタ Sudatta

1件 の用語解説(スダッタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スダッタ
スダッタ
Sudatta

釈尊と同時代のインド人。須達と音写される。富豪で,孤独な貧者に食物を与えたのでアナータピンダダ Anāthapiṇḍada (給孤独) とも呼ばれた。シュラーバスティーに住んでいたが,王舎城で釈尊に会ってその信者となり,祇園精舎を建立,釈尊は二十余年ここに住み,多くの説法をしたと伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スダッタの関連キーワードアショーカインディアンカピラバストゥ釈尊須達頻婆娑羅ブラフマン無憂華サンジャヤ・ベーラッティプッタメラノ・インド人種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone