コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティーブ エリクソン Steve Erickson

現代外国人名録2012の解説

スティーブ エリクソン
Steve Erickson


国籍
米国

専門
作家

生年月日
1950

出生地
米国 カリフォルニア州ロサンゼルス

学歴
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(映画・ジャーナリズム論)卒

経歴
ガルシア・マルケス、ホセ・ドソノ等のラテン・アメリカ文学の魔術的レアリズムの衣鉢を継ぐ作風で知られる。大学では映画とジャーナリズムを学び、卒業後、ニューヨーク、パリ、ローマ、アムステルダムなどに移り住む。1985年長編「Days Between Stations」(邦題「彷徨う日々」)で作家デビュー。「ニューヨーク・タイムズ」「エスクァイア」「ローリングストーン」などの雑誌に寄稿する。他の作品に「Rubicon Beach(ルビコン・ビーチ)」(’86年)、「Leap Year(リープ・イヤー)」(’89年)、「黒い時計の旅」「Xのアーチ」「アメリカン・ノマド」「アムニジアスコープ」「真夜中に海がやってきた」「ゼロヴィル」「エクスタシーの湖」など。

受賞
サミュエル・ゴールドウィン賞(創作部門)

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

スティーブ エリクソンの関連キーワードスティーブンソンブッチ ビグ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android