コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティール・ドラム [steel drum] スティールドラム

1件 の用語解説(スティール・ドラム [steel drum]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

スティール・ドラム [steel drum]

ドラム缶の注ぎ口のつけていないほうの面をハンマーで打って溝をつけいくつかの面に仕切った打楽器で、その面の大小によって音程が異なる。スチール・ドラムには、音域や缶の深さによって6つの種類がある。缶の深さが13cmと最も浅く、高音域のものをピンポンといい、表面は25面ぐらいに仕切られ、約2オクターブの音階に調律されている。それから順に缶の深さが深く、音域が低く面数が少なくなるにつれて、セカンド・パン、セロ・パン、ギター・パン、ベース・パンがある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティール・ドラム [steel drum]の関連キーワード急須ドラム缶スチールドラム素面ソーダファウンテン注ぎ口手取り釜バスドラム蛙の面へ水水差

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone