コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティール・ドラム [steel drum] スティールドラム

音楽用語ダスの解説

スティール・ドラム [steel drum]

ドラム缶の注ぎ口のつけていないほうのハンマーで打って溝をつけいくつかの面に仕切った打楽器で、その面の大小によって音程が異なる。スチール・ドラムには、音域や缶の深さによって6つの種類がある。缶の深さが13cmと最も浅く、高音域のものをピンポンといい、表面は25面ぐらいに仕切られ、約2オクターブの音階に調律されている。それから順に缶の深さが深く、音域が低く面数が少なくなるにつれて、セカンド・パン、セロ・パン、ギター・パン、ベース・パンがある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

スティール・ドラム [steel drum]の関連キーワードスチールドラムドラム缶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android