コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステリン 〈ドイツ〉Sterin

百科事典マイペディアの解説

ステリン

ステロールとも。ステロイド骨格をもつアルコールの総称。炭素数27〜29のものが多く,C3の位置に水酸基をもつ。一般に中性の無色の結晶で水に不溶,有機溶媒に溶ける。コレステロール(脊椎動物),エルゴステロール(菌類)などが代表的。
→関連項目ステロイド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のステリンの言及

【ステロイド】より

…置換基は主としてA環の3位,C環の11位,D環の17位に限られている。 最も普遍的に存在するものは3位に水酸基をもつアルコールで,これはステロールsterolあるいはステリンSterinと総称される。動物組織に最も大量にあるステロイドはコレステロール(図3)で,遊離または3位の水酸基の長鎖脂肪酸のエステルの形で存在する。…

※「ステリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステリンの関連情報