コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステルクフォンテーン遺跡 ステルクフォンテーンいせきSterkfontein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステルクフォンテーン遺跡
ステルクフォンテーンいせき
Sterkfontein

南アフリカ共和国ハウテン州にある石灰岩の洞窟遺跡。クロムドライ遺跡スワルトクランス遺跡と同様,クルーガーズドルプの北北西にあり,3遺跡は近接している。ステルクフォンテーン遺跡は,タウング(→タウング頭骨)やマカパンスガト遺跡とともに,アウストラロピテクス・アフリカヌス(→アウストラロピテクス類)の出土地点として著名。猿人化石の出土地層は,鮮新世と推定されている。遺跡には更新世前期の堆積層もあり,前期石器時代の遺物とホモ層の化石が発見されている。1999年周辺地域とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android