ステルクフォンテーン遺跡(読み)ステルクフォンテーンいせき(英語表記)Sterkfontein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステルクフォンテーン遺跡
ステルクフォンテーンいせき
Sterkfontein

南アフリカ共和国ハウテン州にある石灰岩洞窟遺跡クロムドライ遺跡スワルトクランス遺跡と同様,クルーガーズドルプの北北西にあり,3遺跡は近接している。ステルクフォンテーン遺跡は,タウング(→タウング頭骨)やマカパンスガト遺跡とともに,アウストラロピテクス・アフリカヌス(→アウストラロピテクス類)の出土地点として著名。猿人化石の出土地層は,鮮新世と推定されている。遺跡には更新世前期の堆積層もあり,前期石器時代の遺物とホモ層の化石が発見されている。1999年周辺地域とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android