ストレッチャー・ストレーン(読み)すとれっちゃーすとれーん(英語表記)stretcher strains

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストレッチャー・ストレーン
すとれっちゃーすとれーん
stretcher strains

平滑な薄鋼板をプレス成形したときに現れることがあるしわをいう。鉄を引っ張ると、弾性限界を越えた付近で急に大きな伸びを示す。これを降伏点伸びあるいはリューダース伸びLüders elongationという。これが原因となってプレス成形中に伸びが不均一に発生し、成形品にしわが発生する。これを防ぐために、鋼中の炭素窒素を極力除去したり、アルミニウムを添加したり(キルド鋼)、あらかじめ均一に数%の引張りを与えたり、あるいは、小径のロールで圧延(スキンパスロールskin pass roll)して薄鋼板表面に不均一のひずみを与えるなどの処理が施される。

[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android