コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄鋼板 うすこうはんsteel sheet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄鋼板
うすこうはん
steel sheet

厚さ 3mm以下の鋼板をいう。熱間圧延しただけで切りそろえたものを熱延薄板,熱間圧延ののちコールドストリップミルなどでいわゆる冷間圧延したものを冷延薄板という。熱延薄板はドラム缶や農機具,鍋などに用いられる。冷延薄板は表面がなめらかで美しいうえに深絞りに耐えるなど機械的な性質もすぐれており,自動車や電気器具などの外板,スチール家具に,深絞りのできるものは通信機の部品などに用いられる。また,ストリップミルで圧延したまま長くコイル状に巻いたものを広幅帯鋼という。普通厚さ (ミリメートル表示) や番号で種類を区別する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

薄鋼板の関連キーワードストレッチャー・ストレーンエキスパンデッドメタルダイヤフラム圧力計酸素アセチレン溶接アルミメッキ鋼板ベルトコンベヤ表面処理鋼板プレハブ建築ひずみ時効X線厚み計隙間ゲージビニル鋼板コンベヤ軽量形鋼亜鉛鉄板ガス溶接トタンブリキ丸編機冶金

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄鋼板の関連情報