ストーブリーグ(読み)すとーぶりーぐ(英語表記)stove league

知恵蔵miniの解説

ストーブリーグ

シーズンオフに行われるプロスポーツ選手の契約更改や移籍の動きなどの話題のこと。名称の由来は、プロ野球のオフシーズンである「ストーブの必要な季節に取り交わされるファンの噂話」からきており、英語では「hot stove league」という。もともとプロ野球のみに用いられる用語だったが、他のスポーツにも波及した。

(2012-11-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ストーブ‐リーグ(stove league)

炉辺で野球談をする人たちの意》プロ野球で、シーズンオフに行われる選手・監督の契約更改や移籍・加入の動きなど、グラウンド外の話題。
[補説]もとはプロ野球の用語であったが、他のスポーツにも波及して用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

ストーブリーグ

シーズンオフに展開される選手獲得合戦。選手契約が冬の間に行われる場合、“ストーブを囲んで契約交渉などを話し合う”ことから。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ストーブリーグ【stove league】

〔ストーブを囲んでファンがうわさ話をするところから〕
プロ野球のシーズン-オフに行われる、契約更新やトレード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストーブリーグの関連情報