コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノキ(酢の木) スノキVaccinium smallii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノキ(酢の木)
スノキ
Vaccinium smallii

ツツジ科の落葉低木で,北海道,本州,四国の山地から亜高山帯にかけて自生する。多数分枝し,大きなものは高さ 2mあまりになる。葉は互生し,長さ2~8cmの楕円状卵形で,細かい鋸歯をもつ。葉脈上には細毛が密生する。初夏,前年に出た枝の葉腋に総状花序を出し,緑白色の鐘形の小花を1~3個ずつつける。果実は球形で紫黒色に熟し,酸味がある。和名は葉を噛むと酸味があることによる。本種のうち,北海道や本州中部以北の亜高山帯などに生じるものは葉が大きく,枝に2列の毛が目立ち,特にオオバスノキ V. smallii var. smalliiといい,また西日本のものは葉が小型で毛がほとんどなく,これを単にスノキ V. smallii var. glabrumといって区別することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android