コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノキ Vaccinium smallii A.Gray var.glabrum Koidz.

2件 の用語解説(スノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スノキ【Vaccinium smallii A.Gray var.glabrum Koidz.】

山地の林縁に生えるツツジ科の落葉低木(イラスト)。葉は広卵形でとがり,やや酸味があるので〈酢の木〉の名がある。果実は熟すと黒紫色になり,食べられる。茎は斜上してまばらに分枝し,高さ1mほど。葉は長さ2~4cm,幅1~3cm,細かな鋸歯がある。4~5月,前年の枝の葉のわきから短い花序を伸ばし,1~3個の花を下向きに開く。子房は下位。花冠は鐘形で長さ約6mm,白色で赤みを帯びる。果実は球形で径7mm,中に数個の種子がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノキ
すのき / 酢木
[学]Vaccinium smallii A. Gray var. glabrum Koidz.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。葉は互生し、卵状楕円(だえん)形で長さ1~4センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。5~6月、前年の枝の先に総状花序をつくり、鐘形の緑白色花を1~4個、下向きに開く。花冠は長さ約6ミリメートル、先は浅く5裂する。果実は球形で径約7ミリメートル、黒く熟す。山地に生え、関東地方以西の本州、四国に分布する。中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する母種のオオバスノキは、葉が長さ4~8センチメートルと大きい。葉をかむと酸味があるので酢の木と名づけられ、これに似たスイバ(タデ科のスイバとは異なる)、スイッパ、スイギなどの方言もある。スノキ属は北半球の寒帯から熱帯の高山に約150種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スノキの関連キーワード臼の木酢の木捩木三葉躑躅山躑躅灰汁柴米躑躅五葉躑躅梅花躑躅穂躑躅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スノキの関連情報