スノキ(英語表記)Vaccinium smallii A.Gray var.glabrum Koidz.

世界大百科事典 第2版の解説

スノキ【Vaccinium smallii A.Gray var.glabrum Koidz.】

山地の林縁に生えるツツジ科の落葉低木(イラスト)。葉は広卵形でとがり,やや酸味があるので〈酢の木〉の名がある。果実は熟すと黒紫色になり,食べられる。茎は斜上してまばらに分枝し,高さ1mほど。葉は長さ2~4cm,幅1~3cm,細かな鋸歯がある。4~5月,前年の枝の葉のわきから短い花序を伸ばし,1~3個の花を下向きに開く。子房下位花冠鐘形で長さ約6mm,白色赤みを帯びる。果実は球形で径7mm,中に数個種子がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノキ
すのき / 酢木
[学]Vaccinium smallii A. Gray var. glabrum Koidz.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。葉は互生し、卵状楕円(だえん)形で長さ1~4センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。5~6月、前年の枝の先に総状花序をつくり、鐘形の緑白色花を1~4個、下向きに開く。花冠は長さ約6ミリメートル、先は浅く5裂する。果実は球形で径約7ミリメートル、黒く熟す。山地に生え、関東地方以西の本州、四国に分布する。中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する母種のオオバスノキは、葉が長さ4~8センチメートルと大きい。葉をかむと酸味があるので酢の木と名づけられ、これに似たスイバ(タデ科のスイバとは異なる)、スイッパ、スイギなどの方言もある。スノキ属は北半球の寒帯から熱帯の高山に約150種ある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android