コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スハウテン Willem Cornelius Schouten

1件 の用語解説(スハウテンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スハウテン【Willem Cornelius Schouten】

?‐1625
オランダの航海者。1616年南アメリカ最南端のホーン岬を迂回して太平洋に至る航路を発見した。当時アフリカ南端の喜望峰と南アメリカ南端のマゼラン海峡の通行権はオランダ東インド会社が握っており,他のオランダ人には通過の自由がなかった。太平洋貿易参入をめざすアムステルダムの商人イサーク・ル・メールは,太平洋への第3の航路発見のため,名高い航海者であったスハウテンを船長とし,自分の息子ヤコブを隊長とする探検隊を1615年にオランダから出発させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スハウテンの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷タスマンイギリスオランダ戦争オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪