コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパヌウォン

2件 の用語解説(スパヌウォンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スパヌウォン

ラオスの政治家。日本ではスファヌボンの名で知られる。王族の出身でプーマの異母弟。1945年ラオ・イッサラ自由ラオス)を組織して反フランス独立運動を指導。1950年ネオ・ラオ・イッサラ(自由ラオス戦線)議長,臨時抗戦政府首相,1956年ネオ・ラオ・ハックサート(ラオス愛国戦線)議長,1962年の連合政府で副首相兼経済計画相。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スパヌウォン【Souphanouvong】

1912‐95
ラオスの政治家。ルアンプラバン王家の副王の王子として生まれ,ベトナムハノイ中等教育を受けた後,1930年フランスへ留学して,土木専門学校に学んだ。37年にハノイに戻り,土木技師として公共事業局に勤務。45年異母兄のペッサラート,スワンナプーマとラオ・イッサラ(自由ラオス)を結成し,翌年タイのバンコク亡命政権を組織した。49年のフランス連合内のラオス王国独立に反対し,翌年左派系のネオ・ラオ・イッサラ(自由ラオス戦線)を組織し,臨時抗戦政府首相となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスパヌウォンの言及

【ラオス】より

…これに対して,日本の敗戦直後に結成されたラオ・イッサラ(〈自由ラオス〉の意)は,45年10月ビエンチャンにラオス臨時政府を樹立した。この政府はフランス軍に押されて46年4月にタイへ移り,亡命政府となったが,閣僚の中にはのちに活躍するプーマスパヌウォンがいた。一方,フランス側についたシー・サワン・ウォン王のルアンプラバン王国は,46年8月にフランスと協定を結んだ。…

※「スパヌウォン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スパヌウォンの関連キーワード法令遵守エンプラマカリオスヨーロピアンプランOTLアンプコントロールアンプセパレートアンプノンコンプライアンスソンカーンシャトーブリアン・ステーキ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone