スパーダ宮殿(読み)スパーダキュウデン

デジタル大辞泉の解説

スパーダ‐きゅうでん【スパーダ宮殿】

Palazzo Spada》イタリアの首都ローマにある宮殿。ファルネーゼ広場に近い。17世紀に枢機卿(すうききょう)ベルナルディーノ=スパーダが購入して増改築した後現在の姿になった。中庭には建築家フランチェスコ=ボロミーニによる「遠近法の間」という、8メートル程度の奥行がその4倍近くに見える廊下がある。現在は国務院が置かれ、中庭と絵画館のみ見学できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android