コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフェノプテリス スフェノプテリスSphaenopteris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフェノプテリス
Sphaenopteris

維管束植物門の所属不明のシダ様化石植物。いわゆるスフェノプテリス型の小羽片をもつもので,このなかに入れられていたあるものは,種子の存在がわかってソテツシダ類に移され,あるものは芽胞嚢の発見により明らかにシダ類であることがわかった。石炭紀より白亜紀にいたるまでに,このような形態の植物が知られている。後期石炭紀のものは葉が全縁,楯状で,前期石炭紀のものと区別できる。(→リギノプテリス

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスフェノプテリスの言及

【クラドフレビス】より

…世界で約500種類(日本からはそのうち約50種)が知られている。小羽片の一次脈が両側に単純または数回分枝する側脈があり,一次脈と側脈との区別が明瞭でないスフェノプテリス属Sphenopteris(形態属)と便宜的に区別される。三畳紀やジュラ紀初期のものは比較的大型で,これらはおそらく,ゼンマイ科,リュウビンタイ科に属するものであろう。…

※「スフェノプテリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone