スフバートル(読み)すふばーとる(英語表記)Дамдины СухбаатарDamdinï Suhbaatar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スフバートル(Damdin Suhbaatar)
すふばーとる
Дамдины Сухбаатар Damdin Suhbaatar
(1893―1923)

モンゴル革命の父とよばれる政治家、革命家。父は外モンゴル東部のセツェン・ハン部出身の牧民だったが、困窮して1890年にクーロン(ウランバートル)付近に出ており、スフバートルはその地で生まれた。1909年に駅逓(えきてい)の馬方となり、1911年のモンゴルの独立後、その政府軍の兵、1918年同政府の印刷所の植字工となった。この間、中国と無能なモンゴル支配層に対する反感を強め、ロシア革命の影響を受け、1920年モンゴル人民党結成に参加し、同志とイルクーツクに行ってソビエトの援助を求め、1921年人民義勇軍を結成した。その総司令官として、中国軍とウンゲルンのロシア白軍をキャフタに破り、クーロンに進撃して新政府の樹立に成功した。また同年モスクワでレーニンと会談し、モンゴルの社会主義革命への道を探った。革命の約1年半後、30歳の若さで死去。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android