コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ キャフタ Kyakhta

2件 の用語解説(キャフタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャフタ
キャフタ
Kyakhta

ロシア中東部,東シベリア南部,ブリヤート共和国の都市。共和国首都ウランウデの南西約 180km,セレンガ川河谷にある。ウランウデとモンゴルウラーンバートルを結ぶハイウェーに沿う国境の町。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キャフタ【Kyakhta】

ロシア連邦ブリヤート共和国南部の都市。人口1万8200(1992)。バイカル湖の南方,モンゴルとの国境に近い位置にある。1727年ロシアと清国間でキャフタ条約が締結されて以後に建設がはじまり,税関も設置されて,国境をはさんで対するアルタン・ブラクと共に,ロシアと中国間貿易の拠点となった。中国名は恰克図。ソビエト政権成立直後にモンゴル人民党のスヘバートルチョイバルサンらの革命運動の中心地となる。メリヤス,食品の工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キャフタの関連キーワードブリヤート語ブリヤート族恰克図ブリヤートロシア連邦АлтанбулагБурятサハ[共和国]トゥバ[共和国]ブリヤート[共和国]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャフタの関連情報