コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ(英語表記)Kyakhta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャフタ
Kyakhta

ロシア中東部,東シベリア南部,ブリヤート共和国の都市。共和国首都ウランウデの南西約 180km,セレンガ川河谷にある。ウランウデとモンゴルウラーンバートルを結ぶハイウェーに沿う国境の町。 1727年清国との間にキャフタ条約が結ばれたのち,28年キャフタ村の近くにトロイツコサフスク要塞が築かれ,清国からロシアへの門戸として重要性を増し,両国間の交易の中心地として発展。 1935年トロイツコサフスクとキャフタ村が合併してキャフタ市となった。製靴,煉瓦,繊維,食肉などの工業がある。市の西約 30kmには,ウランウデとウラーンバートルを結ぶ鉄道の駅ナウシキがある。人口1万 8200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャフタ【Kyakhta】

ロシア連邦ブリヤート共和国南部の都市。人口1万8200(1992)。バイカル湖の南方,モンゴルとの国境に近い位置にある。1727年ロシアと清国間でキャフタ条約が締結されて以後に建設がはじまり,税関も設置されて,国境をはさんで対するアルタン・ブラクと共に,ロシアと中国間貿易の拠点となった。中国名は恰克図。ソビエト政権成立直後にモンゴル人民党のスヘバートルチョイバルサンらの革命運動の中心地となる。メリヤス,食品の工場がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android