コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ キャフタKyakhta

2件 の用語解説(キャフタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャフタ
キャフタ
Kyakhta

ロシア中東部,東シベリア南部,ブリヤート共和国の都市。共和国首都ウランウデの南西約 180km,セレンガ川河谷にある。ウランウデとモンゴルウラーンバートルを結ぶハイウェーに沿う国境の町。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャフタ【Kyakhta】

ロシア連邦ブリヤート共和国南部の都市。人口1万8200(1992)。バイカル湖の南方,モンゴルとの国境に近い位置にある。1727年ロシアと清国間でキャフタ条約が締結されて以後に建設がはじまり,税関も設置されて,国境をはさんで対するアルタン・ブラクと共に,ロシアと中国間貿易の拠点となった。中国名は恰克図。ソビエト政権成立直後にモンゴル人民党のスヘバートルチョイバルサンらの革命運動の中心地となる。メリヤス,食品の工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャフタの関連情報