コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウランバートル ウランバートル Ulaanbaatar/Улаанбаатар/〈英〉Ulan Bator

5件 の用語解説(ウランバートルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウラン‐バートル(Ulaanbaatar/Улаанбаатар/〈英〉Ulan Bator)

モンゴル語で赤い英雄の意》モンゴル国の首都。同国のほぼ中央部にあり、交通・文化の中心地。17世紀にラマ教活仏の住地として建設。近年、工業も行われる。漢名、庫倫(クーロン)。旧称ウルガ。人口、行政区104万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウランバートル

モンゴルのほぼ中央に位置する首都。中国語の旧名はクーロン(庫倫)。1924年現名(〈赤い英雄〉の意)に改称。本来の旧称はウルガUrgaで,1639年に建てられた宮殿(オルゴー)に起源をもつが,モンゴルの遊牧生活を反映して二十数回場所を移動したのち,18世紀末に現在地であるオルホン川の支流トラ川の河岸にほぼ落ちついた。
→関連項目ダルハン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウランバートル【Ulaanbaatar】

モンゴルの首都。人口62万7000(1997)。1639年にザナバザル(のち初代ジェブツンダンバ・フトクトとなる)のために建てられたオルゴーörghöö(〈宮殿〉の意)がその起源。オルゴーはモンゴルの遊牧生活を反映して20回以上移動し,18世紀末にいたってボグド山北麓を流れるトラ川北岸の地にほぼ落ち着き,以後大きく発達した。1706年以後イフ・フレー(〈大寺院〉の意)と称され,中国人はこれを庫倫(クーロン)と称したが,欧人は依然ウルガと称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウランバートル【Ulanbator】

〔赤い英雄の意〕 モンゴル国の首都。海抜1326メートルの高原に位置する。羊毛・皮革などの加工業が盛ん。旧名、ウルガ。旧中国名、庫倫クールン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウランバートル
うらんばーとる
UlaanbaatarUlan Bator

モンゴルの首都。同国の中央北寄り、トーラ川北岸にある。面積2000平方キロメートル、人口76万0077(2000)。ロシア人、中国人もかなり多い。標高1300~1350メートルの高原にある。1639年にザナバザル(のち初代ジェプツンダンバ・フトクトとなる)のために建てられたオルゴーrg(宮殿の意)がその起源である。このオルゴーは、モンゴル人の遊牧生活を反映して、その後20回以上も移動し、18世紀末に至って、ボグド山の北麓(ほくろく)を東から西に流れるトーラ川の北岸にほぼ落ち着き、以後大きく発展した。ヨーロッパ人は、このオルゴーをウルガと訛(なま)って発音して、町の名として用いた。1706年以後イフ・フレーIkh-Khree(大寺院の意)と称され、中国人はこれを庫倫(クーロン)と称した。しかしヨーロッパ人は依然としてウルガと称した。1911年の独立宣言後ニースレル・フレー(nijslelは首都の意)と称され、モンゴル人民革命後まもない、24年にウランバートル(赤い英雄の意)と改称された。
 革命前、この町はモンゴル最高のチベット仏教(ラマ教)聖地であり、100以上の寺院があり、約2万人の僧侶(そうりょ)がいたとされる。経済的には、1691年の外モンゴルの清(しん)朝への帰服後、ロシアと清との交易の地として栄えた。また1757年以後、清朝の弁事大臣が駐在し、政治の一中心地ともなった。1921年の革命後、宗教都市としての側面は除かれた。現在、同国の政治、経済、文化の中心である。
 都市計画は1930年代にたてられたが、本格的な都市化は54年以後行われ、いまや近代都市に生まれ変わった。各種行政機関のほか、南西部に軽工業、重工業のコンビナートがあり、81年には日本の無償援助によって世界有数のカシミヤ工場が完成した。市内各所にアパートが林立し、団地形式のものもいくつかある。周辺部にはゲル(パオ)の集落が多数ある。店舗にはデパート、スーパーマーケットのほか、古道具店、古書店もある。教育文化施設には大学、師範学校、科学アカデミーと付設図書館、中央博物館、美術館、宗教博物館、ボグド・ハン博物館などの博物館、文化宮殿、劇場、歌劇場、サーカス場、中央スタジアム、体育館などがあり、社会主義体制下のモンゴルでも唯一機能していたラマ寺のガンダン寺院が西部にある。全体としてロシア風の都市景観を示している。
 なお社会主義時代には、外国人は、中国とロシアを結ぶ鉄道、またはロシアとの間にある航空路によってウランバートルに入り、外国人客の宿泊施設であるウランバートル・ホテルに泊まっていたが、1992年の社会主義放棄後は関西空港からの直行便も飛ぶようになった。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウランバートルの言及

【ボグドオーラ[山]】より

…かつて貪汗山と称され,その北麓は遊牧民の拠る所であった。(2)モンゴルの首都ウランバートル南郊にある山。最高峰は2257m。…

※「ウランバートル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウランバートルの関連キーワードサントドミンゴラパス内モンゴル自治区バグダッド蒙古Өргөөガンダン寺Зайсан толгойスフバートル広場モンゴル国際マラソン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウランバートルの関連情報