スフラワルディー教団(読み)スフラワルディーきょうだん

世界大百科事典 第2版「スフラワルディー教団」の解説

スフラワルディーきょうだん【スフラワルディー教団】

スフラワルディーSuhrawardī(1097‐1168)を創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。12世紀にバグダードでスフラワルディーのために修道場が建てられ,教団の基礎がつくられた。13世紀にはスフラワルディーの甥によって教団の活動が活発化し,このころからイスラム世界の各地に広がっていくようになった。シリアエジプト,トルコなどに広まったが,この教団の活動が最も注目されるのは,インドにおいてである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android