スフラワルディー教団(読み)スフラワルディーきょうだん

世界大百科事典 第2版の解説

スフラワルディーきょうだん【スフラワルディー教団】

スフラワルディーSuhrawardī(1097‐1168)を創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。12世紀にバグダードスフラワルディーのために修道場が建てられ,教団の基礎がつくられた。13世紀にはスフラワルディーの甥によって教団の活動が活発化し,このころからイスラム世界の各地に広がっていくようになった。シリアエジプト,トルコなどに広まったが,この教団の活動が最も注目されるのは,インドにおいてである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android