コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフラワルディー教団 スフラワルディーきょうだん

世界大百科事典 第2版の解説

スフラワルディーきょうだん【スフラワルディー教団】

スフラワルディーSuhrawardī(1097‐1168)を創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。12世紀にバグダードでスフラワルディーのために修道場が建てられ,教団の基礎がつくられた。13世紀にはスフラワルディーの甥によって教団の活動が活発化し,このころからイスラム世界の各地に広がっていくようになった。シリア,エジプト,トルコなどに広まったが,この教団の活動が最も注目されるのは,インドにおいてである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スフラワルディー教団の関連キーワードスフラワルディー(AbŪ Hafs‘Umar alインド・イスラム文化イラーキー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android