スフランツェス(英語表記)Sphrantzēs, Geōrgios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフランツェス
Sphrantzēs, Geōrgios

[生]1401. コンスタンチノープル
[没]1478? コルフ
ビザンチン帝国の文人政治家,歴史家。長らく誤ってフランツェス Phrantzēsと呼ばれた。マヌエル2世 (在位 1391~1425) の秘書官をふりだしにペロポネソスの地方長官を務めたあと,中央政府の大臣職に就任。首都コンスタンチノープル陥落後はコルフ (ケルキラ) の修道院に入った (1451) 。2冊の年代記を著わし,その一つ『小年代記』 Chronicon minusは 1413~78年の重要事件を簡潔に記述し,『大年代記』 Chronicon majusは 1258~1478年までを扱った歴史書で,ともにパレオロゴス朝の重要な史料

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる